受験はオヤカラ?

学校や塾にまかせてしまいがちな子供の受験勉強。オトナもおさらいしてみる価値はアリ!?

「理科なんてキライ!」という子どもがいるとしたら、その気持ち、激しく同意します。

水に塩を溶かしてみたり、バネに重りをつるしてみたり、乾電池に豆電球をつないでみたり、このあたりはまだ良いのです。

身の丈を超えるものたちを相手にしなければならない時から、雲行きは怪しくなります。

「過酸化水素水と二酸化マンガンがありますが、これを混ぜてみましょう」
などと、いきなり実験をさせられるのですが、そもそも、なぜそんなマニアックなものが唐突に用意されているのか??という事の方が気になります。

なぜか発生する気体。燃え盛るろうそく。
「さあさあ、ではこの気体は何かね?」と迫る先生。
「さ、酸素です・・」と答える子ども。


何となく消化しきれないものを抱えたまま、理科の授業は進みます。

月を見ろ、星座を見ろと言われたかと思うと、今度は顕微鏡でゾウリムシを見たりと、何というかエリアが広すぎるのです。理科は、「なぜ??とふしぎに思う心から始まるのだ」などと言われますが、あまりにも色んなものを脈絡もなく突きつけられて、「どうだ!ふしぎだろ!!」とすごまれている気になりはしないでしょうか;



さて、そんな苦手な理科の問題にも目を向けてみたいと思います。

洗剤についての出題というのが、まれにあります。



本来、水と油は混じりません。
水だけで油汚れを落とすことは難しいので、私たちは洗剤を使います。

では、洗剤を使うと、どうして油汚れが落ちるのでしょうか??




洗剤には。「界面活性剤」という成分が含まれています。
これを細かく見ると、マッチ棒のような構造をしていて、水とくっつきやすい部分と、油にくっつきやすい部分とに分かれています。後者の部分が、油(汚れ)にくっついて、水で流してしまう、というわけです。



芝中で、この界面活性剤が油に対してどのようにくっつくのか、視覚的なイメージを問う選択肢問題が出題されたことがあります。


界面活性剤の分子は、下の図のようにマッチ棒の形をしていて、棒の方が油とくっつきやすい部分です。
(もちろんこの図はヒントとして与えられます)
図2




これが油にくっつく時には・・・




図3



こうなります。
タンポポの綿毛のような感じで油にくっついているイメージですかね。


これはまだそんなに難しくないですね。



しかし、界面活性剤の性質は、それだけではありません。


このような問題(@渋谷教育学園渋谷)はどうでしょう?


(問い) 画用紙の上に水滴を垂らすと、丸まっています。これは表面張力によるものです。
では、この水滴の上に洗剤を加えると、どうなるでしょうか??









(答え) 画用紙に染み込みます。



洗剤(界面活性剤)には、表面張力を下げる働きがあります。

水というのは分子どうしがグッとスクラムを組むように結びつく性質があります。(表面をグッと小さくしようとする、この力が表面張力)

洗剤がその性質を弱めることで、水滴の球体は崩れてしまうのです。


・・・・しかし、こんな問題、僕が子どもの頃は見なかったような気がします。



この洗剤の機能は、汚れを落とすことにも関係します。

水は濡れにくいタイプの繊維の中には十分に浸透できません。そこで、洗剤を水に混ぜることで、水の表面張力を小さくし、繊維の間に行き届かせます。そこについている汚れが油汚れであっても、上で最初に見たような性質があるので、油にくっついて落とすことができます。



一言で「界面活性剤」と言っても、そのような性質をもった物質ということなので、人工的なものもあれば、自然由来のものもあり、いくつもの種類があるようです。ある物は食品にも入っていて、ある物は環境に悪影響を与えたりすると言われます。

試しに、家にあったお掃除シートの成分を見てみると、「界面活性剤(・・・・・)」のように、種類の表示がされているものがあるのに対して、ある別の安い商品には(・・・・・)の表示は無かったりします。機能的にはほとんど同じに見えます。
表示の有無は何かのルールで決まっているのでしょうが、非表示というのは何だか気になるものですね。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村>

中学校受験ランキング

悲しきかな、オトナになると、色んな難しい言葉を覚え、そして忘れていきます。
小学生はスポンジのように吸収していくので頼もしい限りですが、自分は貯金をしているのか、すり減らしているのか、段々とわからなくなることがあります;;

よく、「普段スマホやパソコンを使ってるから、漢字は書けなくなるよね~」なんて会話、聞いたことがありませんか?


本当にそうなのです。
いつだったか、僕も何かを手書きしている時に、「」という字が突然頭から飛んでしまって、書き順もわからなくなり、自己嫌悪に陥りました。あれ?あれ?と、書けば書くほど見たことのない漢字になっていき、深みにはまっていくのです。

さて、我々大人たちは、そんなショックを時折受けながらも、「中学受験で出てくる漢字ぐらいは書けるでしょ!」と高を括ってしまうものです。


本当にそうでしょうか??

そこで、トリッキーな出題も多い、慶應中等部の国語の過去問を少し覗いてみたいと思います。



第1問  山の頂から「ウンカイ」を見下ろす






さすがにそれは書けるよ、という方が多いでしょう。



そう、「雲海です。


しかし、これは小学生になじみのある言葉でしょうか?

仮に小学生が山の頂から景色を眺める機会があったとして、

「ねえ君、あれは見事な雲海だね」
「あの雲海に乗ってトランポリンをしてみたい」

・・・なんて言うとも思えません。

ちなみに自分は登山が趣味でもないので、大人になっても全く使いません。
その割には何となく耳に残ってる気がするなあ・・・とよくよく考えたら、「雲海」という名前の焼酎でした。



第2問  「カダン」に富む処置を行った




どうでしょうか?




これも、一瞬悩みながらも、「果断」と書ける方が多いのではないかと思います。


しかし、普段の日常生活、あるいは会社生活で、私たちはどのようにこの言葉を使うのでしょうか?

「あえて飲み放題を付けなかったのは、我ながら果断だった」
「部長。今のセカンドショット、果断でありました」

これまでの人生で、自分は一度も使ったことがありません。
「英断」ならまだしも、あえて「果断」にするあたりがひねりなのでしょうか。

この問いを目の前にして頭を抱えてしまう子どもたちが、少しかわいそうに思えてきます・・・。
でも、このような「書き言葉」を問うことで、読書をしている、していないの差が歴然と出てくるので、学校側としては受験生が日常的に活字を読んでいるかどうか、確認してみたいのかもしれないですね。



第3問 「ジンジツ」の七草がゆ。








1月7日の「人日」の節句です。

お粥も、大人になってからこそ滋味深く感じるものであって、「今夜は七草粥にしようよ~!」とせがむ小学生はいないでしょう。

もはや夏と冬しかなく、亜熱帯としか思えない日本の気候ですが、旧暦の二十四節気や七十二候などの説明を読んでいると、風情があっていいなあ・・・と思います。




第4問  「マサメ」の桐下駄をはく





・・・こんなの聞きますかね?




柾目」 あるいは「正目」

縦に平行に通った木目のことです。
木材を縦に切る時に、年輪にほぼ直角に当たるように(中心に向かって刃を当てて)縦に木材を切っていくと、きれいな均一な木目が出ます。

7b9924fcb8f61583e8e92a678b7aae17_s


「板目」も、木材を縦に切った時の断面のことですが、年輪にほぼ平行に接する方向に刃を当てて切っていくので、その模様は山のような木目になります。

350f70dff742a0fc5f6cb010b4ad9fcf_s




このように、なかなか油断できない問題もあるのです。(こんな問題が合否を決めるとは思いませんが)

しかし、こうして漢字の問題を並べてみるだけでも、慶應の場合、和のテイストがかなり前面に出ていて、ミッション系の学校との違いが感じられます。
慶應中等部では、御三家で求められるような深い読解力や記述力を問うものは基本的にありません。その分、(社会もそうですが)幅広く常識や教養のようなものが問われる傾向があるので、受験を考えている方は意識して対策した方が良いでしょう。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村>

中学校受験ランキング

夏休みに実家に帰った時、ずっと置きっぱなしにしていた古い本の整理でもしようと思い、本棚をゴソゴソやっていると、原田宗典さんのエッセイ集が出てきました。

今では本屋さんに行くと、原田マハさんの書籍が平積みで置かれていたりしますが、僕がまだ学生だった頃には、お兄さんの方が断然有名であったように思います。自分も、学園祭で企画されていたトークショーを見に行ったり、講演会に足を運んでみたりと、一ファンでありました。

読書が嫌い(特に小説)だった自分にとって、原田さんのエッセイというのは、文体が気軽で、視点がユニークで、青春的な要素もあり、当時はかなりハマっていたのです。

なつかしいなあ・・・と思いながら、パラパラとページを繰っていると、やっぱり20年近く経っても面白いものは面白い。その中で、ちょっと目に留まったというか、心に留まった話がありました。

どんな内容なのか。

観光地化が進んでいくバリ島では、ホテル建設などの開発によって、その景観を損ない過ぎることがないよう、「ヤシの木より高い建物を建ててはいけない」という条例があるらしいのだと。



582ac5f76a0b3753ed2eb679035a1673_s















c7b47bb878c27d2d79170419259f941c_s














「ヤシの木って!!」「普通〇〇メートルとかでしょ!」と思わず笑ってしまいそうな話なのだけれど、よくよく考えてみると、これはそんなにおかしなルールだと言えるのだろうか。

私たちはあらゆる数字に囲まれて生きていて、数字は私たちに具体的なよりどころを与えてくれるものだと信じているけれど、逆に数字の方が、そもそも具体性のない、実体のないものではないか。

ずっとバリに住んできた人たちにとって、「越えるべきではない高いもの」という、感覚、畏れのようなものを「形」にしてくれるものは、数字などではなく、彼らの近くにあり、文化や生活に深く根付いている「ヤシの木」という具体的なものなのだ。そちらの方が、実はずっと自然な考え方ではないのだろうか・・・・。

・・・・と、大体そんな感じの内容だったと思います。


多分昔にこの本を読んでいた時も、同じように心に留まったと思うのですが、そのこと自体を忘れてしまっていて、また「そうだなあ」とあらためて思った次第です。

20年ぐらい前の本ですし、バリ島にまだそのルールがあるのかはわかりません。

でも確かに、例えば、「手のひらサイズ」とか「人肌の温度」と言われる方が、17cmとか、35度とか説明されるよりも、ピンとくるものがあります。
あと、普段はあまりにも多くの数字に囲まれて生きているので、その数字はどこからやってきたのか??なんて思考をすっ飛ばして、ポンと与えられた数字だけをスタート地点として、色んな判断をしているところもある気がします。

会社の決算、健康診断の結果、何とかランキング第何位とか、テストの点数や偏差値など、挙げるときりがありません。もちろん生活から数字が無くなると困ってしまうのですが、とにかく数字に振り回されて、一喜一憂することは多いです。(「トマトがこんなに高くなって!!」とかは、毎回スーパーで憂っています)


さて、ここで中学受験の話に繋がるのですが、
テストの点数や偏差値、塾での順位というのも、数字が出てくる以上は、やはり気になるものだと思います。

「気にするな!」という方が無理ですよね。むしろ、成績順にクラスを頻繁に入れ替えたり、座席の並びを変えたりと、やたらと「気にさせる」ことで、子どもたちの競争心をあおる方法が当たり前になってしまっています。

でも
テストはそもそも何のためにやっているのかというと、学習したことの理解の確認のためであり、本人がどこでつまずいているのかをチェックするためです。少なくとも自分はそう捉えています。誰かの頑張りを表彰したり、祝福したりするためのものではないですし、もちろんその逆も然りです。

私も小学生の頃、簡単な学校のテストで70点ぐらいを取ってくると、親がいい顔をしなかったのを覚えています。(さすがに40点を取った時には、もう隠ぺいしました。)
どうやら80点というのを勝手に一つの基準として持っていたらしいのですが、逆に80点以上を取った時というのは、安心してしまって、ほとんど復習なんてしていませんでした。

なので、自分の経験を振り返っても、良い点を取ってくればほめられて、悪い点を取ってくると叱られる・・・、そこにはテストの本質が置き去りにされていた気がするのです。



ところで、デザイン界の重鎮に原研哉さん(読解問題で実際の入試に出題されたこともありました@中大附属横浜)という方がいます。冒頭のエッセイの筆者である原田さんとは、高校の同級生であったらしく、何かのエッセイに書かれていたあとがきを思い出しました。


ある日、原田は数学のテストで0点を取った。
それもあきらめて空白で提出したわけではない。真剣に考え、算式で答案を埋め尽くし、回答した上での0点というのはなかなか取れるものではない。彼の卓越した文学的センスというのは、数学的センスの偉大なる欠如から来ているのではないか・・・・



うろ覚えではありますが、確かこんな内容の面白い評があった気がするのです。
まあ、これはたまたま、テストの話つながりで思い出しただけなのですが・・。


とにかく、テストを受けて、点数や偏差値だけを見て感情的になったり、「できた」「できなかった」だけを確認して終わってしまうのは、本当にもったいないと思うのです。数字の裏に隠れているものを見つけ出して、わからないところを少しでもカバーするのか、あるいはどうしても嫌いで受け付けない分野で、それは一旦そっとしておいて、後で時間が取れる時にまとめて対策をするのか、何か一つでも戦略を立てるのが理想です。

中学受験を目指すのであれば、志望校の本番のテストできちんと合格点を取ることが目標です。
それまでのテストは、単なるステップやツールに過ぎません。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村>

中学校受験ランキング

↑このページのトップヘ